禁煙による食事量の増加

現代はタバコを吸えるエリアが減りました。駅や道路など公共施設ではほとんどが終日禁煙を実施しています。また喫茶店やカフェでもタバコを吸えるところが激減しているのが現状です。そのため喫煙者は非常に肩身の狭い思いをしなければいけないようになっています。こうした現状を踏まえ、禁煙を考える人も大変多くなっています。禁煙すれば町中で肩身の狭い思いをせずに済み、たばこの吸える場所をいちいち探さなくて済みます。また体に有害とされるニコチン、タールを吸わなくなることは非常に体にとって有益であると言えます。ニコチンを含んだ煙を吸わなくなると様々なガンの発症率をきわめて低くすることができます。また禁煙すると非常に食事をおいしく感じるようになります。それは香りの強いタバコの煙を吸わなくなることで、食べ物の風味や香りを強烈に感じるようになります。すると食欲が増進し、食べる量が増えるようになります。また今までタバコを吸っていた人はそれをやめてしまうと口が寂しくなり、常に何か口に入れておかないと気が済まなくなります。そのため食事以外の時でも、ガムや飴、菓子などを口にするようになります。そのため禁煙すると多くの人が食事量が増加し、太ってしまう傾向になります。こうした食事量の増加に伴う体重増加の抑制に対しては、何かしら対策を講じることが大事です。口さみしい場合はカロリーのほとんどない塩こぶなどを口に含むと良いでしょう。また最近ではノンカロリーの飴やガムも販売されています。そうした物をうまく生活に取り入れることで体重増加を抑制できます。また食事前に必ずガムを噛むようにすれば唾液がたくさん分泌され、満腹中枢が満たされるようになります。すると食事をそれほどたくさん摂取しなくてもお腹がいっぱいになり、カロリーコントロールすることができます。

↓禁煙効果の高いチャンピックスをご存知ですか?
チャンピックスの効果を知ろう